藤井聡太 七段っぽい評価関数が出来た

将棋を「ディープラーニング」してみた
にて作成した評価関数「nn20180608」を追加学習すると
検討向き?な評価関数が出来た。

作成方法


配布してます評価関数「nn20180608」を

将棋ソフトレーティング測定をいつも実施してくださっている
「ロタ(Rota_JP)」氏が計測して頂きましたところ、

現在、将棋ソフト トップレーティングであった
Godwhale5.0.5/QQR
に勝ち越したようです。


この評価関数を追加学習したところloop2なのに、
間違ってそのままの学習率を設定し学習してしまいました。

するとディープラーニングのフィッティングの良さが出ちゃったのか、
一部評価パラメタの特徴にハマり込んだようです。
(評価パラメタの凸凹が大きく出来た)

お行儀の良かった「nn20180608」は何処へいったのか、
すさまじく攻撃的な読み筋を出す評価関数が出来ました。

試しに例の局面を読ませたところ、こんな結果に

2018-06-11.png

とりあえず検討向きっぽい評価関数かもしれません。

NNUE標準の探索部を使用しても
MultiPV 「5」
Hash 「2048MB以上」
の設定でいままで難しかった局面もだいたい読めます。


▶NNUE型評価関数nn20180611


この記事へのコメント

スポンサーリンク